窓際の理想郷
まったり自由気ままに更新しているサイト。
イヤホン関係

中華製のワイヤレスイヤホンを買ったらハズレだった。

タイトル通りですが、今回amazonでワイヤレスイヤホンを買ったんですよ。
何で買ったかって言うと、YouTube等でレビューしてる人いるじゃないですか、イヤホンの。
それで、AirPodsに似た中華製ワイヤレスイヤホンで最高のがあるってのを見かけました。

しかし、そのイヤホンはamazon等では売ってないらしかったのですが、唐突に似たイヤホンが欲しくなりました。

そこで、amazonを検索し安いイヤホンを買ったのですが・・・

結論から言うとハズレでした。
買ったのは「【進化版Bluetooth5.0】自動ペアリング 片耳 両耳 左右分離型 完全 ワイヤレス イヤホン イヤホン iphone 通話 ワイヤレスイヤホン 高音質 イヤフォン マイク付き ブルートゥース イヤホン 充電収納ケース付き ヘッドホン (ホワイト)」というタイトルの物です。

価格は1,300円で、Bluetooth5.0に対応しIPX5防水充電収納ケース自動ペアリングと欲しい機能は一通り搭載しており、価格も安いので購入したんです・・・

ところが、いざ来た現物を見るとがっかり。
箱はへこんでるし汚れている。
充電ケースも小さい傷が付いており若干汚れてる。
まぁ、これぐらいなら中華製だと割とよくあることなので善かったんですが・・・
イヤホンからの遅延とノイズが酷い。

あとは、amazonにもレビューを投下したのでここに同じように書いておきますね。

【価格】
購入当時1300円で非常に安いイヤホンです。

【見た目】
箱は普通です。
どこにでもありそうな普通の箱ですので、かなり安っぽいというのはありません。
ただ、管理がまずいのか、箱が少しへこんで汚れも付着していました。
さすがは中華製という感じです。

本体は値段相応に安っぽいです。
落としたら簡単に割れてしまいそうなほどの安っぽい外装で耐久性に少し不安があります。
また、こちらには大きな傷こそないものの、細かい傷はついており、謎の汚れがついている箇所がありました。
どうやら製造過程での汚れのようで、確認作業とかはしてなさそうです。
充電すると赤く光るのですが、非常にダサい。
こういうところで削減してるんだなぁとつくづく思いました。
メインで使いたくないほどのダサさです。
商品説明に「 ボックスの裏側に電力量インジケータランプがついていていつもどこでも電力量の使用状況を把握できる」とありますが、当然付いていません。

【音質】
誰もが気になるのがこの項目だと思いますが、音質に関しては普通です。
というのは、私自身音質に重きを置いていないのでよく分からないというのもあります。
あえて言うなら、とても良い!と言うわけでもなく、聞きづらいなと言うわけでもない。
値段を考えるとかなりコスパがいいのではないかという音質です。
音質を気にしない人は全然ありかなと思います。

ただ、一番の問題なのが『遅延』です。
およそ0.2~0.3秒ほどの遅延が発生して、非常に気になるレベルです。
音楽を聴くだけで画面は見ないという使い方なら問題はないですが、映画やドラマなどの映像と一緒に見るのはおすすめできません。

【自動ペアリング】
ケースから出すだけではペアリングされません。
ケースから取り出して、もう一度ケースに戻し、そしてもう一度取り出すとペアリングされます。
ひと手間がかかるようになっています。
ペアリング自体は説明書が理解できる人であれば簡単です。

【イヤホン本体】
非常にいまいち
人間工学(笑)に基づいたデザインにもかかわらず
音を密閉するにはコツがいる
四苦八苦してるとボタンが押しまくってしまい大変なことに。
そして、ボタンの付け方が非常に甘く、イヤホンを揺らしたらカチカチと動く音がする。
これは想像以上に耳に聞こえてきて困るほど。
頭を結構動かしながら聞いている人はおすすめできないですね。

【結論】
価格の割に音質自体は良い感じなものの、商品内容と商品が違うことや、充電時のダサさ、何よりも遅延が酷く、YouTube等の鑑賞にも難あり。
中華製でボロくてもダサくてもOK、そして遅延が気にならない人や気づかない人は購入の価値があるかもしれません。

 

そして、レビューを投下したのですが、商品画像がうんこ投げてる絵に変わってました。

中国語で何やら文字が書いてあり、Google翻訳したら「あなたはこれが好きではありません。」という謎の画像に。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA